仕草が可愛い風俗嬢

好みじゃなくても楽しいじゃないですか

必死になってホームページやポータルサイトから自分好みの風俗嬢を探すのも悪いことではないと思うんですよ。だって自分が楽しむんです。お金が勿体ないとか無駄になったとか感じるのはやっぱり勿体ないと思いますしね。それよりは、自分が納得出来る風俗嬢と楽しみたいって思うのも良く分かる話だと思うんですけど、好みじゃない風俗嬢…というと語弊があるかもしれませんが、好みのタイプではない風俗嬢との時間ではあってもそれはそれで楽しい時間になるんじゃないのかなって思いますけどね。好みの女の子であれば楽しいのは間違いないと思いますけど、そこまで好みじゃないとしても風俗の場合、相手がサービスの提供者として頑張ってくれますので自分に思わぬ衝撃をもたらしてくれることだってあるかもしれないじゃないですか。だから風俗で遊ぶ時にはあんまり好みのタイプのことは考えず、それこそその日のフィーリングで選ぶことも珍しくなかったりするんですよね。

ライバルが刺激を生むのかも

同じ風俗店に所属しているというだけではそこまでライバル意識は芽生えないのかもしれないんですけど、人気が出てきて「ツートップ」みたいに扱われるようになると双方にライバル意識が出てくるのかもしれないですね。自分が遊んだTちゃんとYちゃんがそうなんです。二人ともとってもいい子なんです。だから人気風俗嬢となっているのも良く分かるんですけど、でもお互いがお互いの存在を強く意識しているのは良く分かるんです。実はこの二人は交互に楽しんでいるです。だからお互いに遊んでいるということが分かっているのかもしれないですね。双方共に「あの子を指名しないでよ」みたいなことは言われるんですよ。他の人を指名するのであればともかく、よりによって直接的なライバルを指名するのだけは勘弁してくれってことなのかもしれないんですけど、でもその思いがあるからこそこちらに対して良いサービスを提供してくれるのかなって思ったらそれもそれでありかなと。